断熱住宅.com
高断熱高気密で快適な家づくりをサポートする情報サイト
フォントサイズ
フォントサイズ 標準
フォントサイズ 大

太陽光発電の買取価格はどうなる?

2015年2月18日 【新建ハウジングDIGITAL提供ニュース】

再生可能エネルギーの買取制度の買取価格を検討する「調達価格等算定委員会」(委員長:植田和弘京大大学院教授)は2月13日、会合を開き、2015年度の買取価格の算定根拠について議論を行った。10kW未満の太陽光発電について、出力制御対応機器の有無で買取価格を変える新たな区分を設ける方針を経済産業省が事務局案として提示した。

記事全文はこちら(再エネ買取制度、10kW未満太陽光発電に新区分)

【断熱住宅.comから】
大きな波紋が広がった太陽光発電の買取価格問題で、新しい制度が検討されています。一般的な家庭用の太陽光発電は設置から10年程度でもとがとれると言われています(詳しくはこちら)。新しい制度が、私たちにとってより良い仕組みになることに期待したいですね。

断熱住宅.com このページのトップへ